I - JPTV TV
中文版  |  日本語
日本語テレビ受信機販売ダブル11キャ
中國上海及び海外でも日本のテレビ番組
海外赴任しても日本のテレビ番組をリア
上海浦东新区エリア「 東和公寓」 日
各ブランド日本のテレビサービス 視聴
中國上海、深セン全域及び外国でも日本
Q.インターネットをやってる時もI-
Q. 工事は必要ですか?
Q.新しいテレビに買い換える必要があ
Q.I-JPTVチューナ型のリモコン
Q.STBを操作しても何も反応しませ
Q.ADSLに加入していますが、時間
上海でもお花見が出来るところ-「上海
上海の駐在員と現地採用の違い(2)
上海の駐在員と現地採用の違い(1)
中国で小正月に白玉ゴマ団子「芝麻湯圓
『君の名は。』が中国でも大ヒット そ
楽器と服飾材料なら金陵東路
 
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
中国の生活へサポート  
ネットショッピングの最大の欠点

中国のネットショッピングを利用するのは、いつも不便に感じているのは配達待ちの時間であるだろう。

                                                   

注文したはいいが、配達される時間がなかなかわからず、それに合わせて待機しなければいけないケースがしょっちゅうだからである。


 勤務先を配達先に指定してもいいし自宅を配達先に指定してもいいです。単身でしたら家にともっと滞在時間が短いので結局勤務先の方がまだ確率がいいことになる。


 アマゾンあたりだと概ね配達時間を指定できるのでまだマシなのだが、最近は品揃えの面で若干不満もあり、京東など他のECサイトを利用するケースが増えた。

  しかしこれらのサイトは配達時間に確約が無いので、ネットで運送状況を確認しながらの待機調整となるのである。

 

  しかもネットで表示される配送状況には嘘が多いというか、ごまかしも多いのが現状であまりにアテにならない場合も多い

 一例をあげると、商品を受け取ってもいないのにデータ上では配達済みのデータ入力が勝手に行われていて、既に受け取ったことになっていたりするので発送元に抗議してもきちんと聞き受けられないようなケースが時々あるのである。


 そうかと思えば、昼12時まで申し込めば当日夜19時までに配達しますといったような商品情報を信じて注文してしまうと、輸送追跡データ上は18時ころに配達開始となっているが、19時に配達員の携帯電話に連絡すると、今日は遅いから明日にしてくれなどと言われたケースもあった。


 宣伝文句で無理なことをPRするくらいなら、確実に配達してくれる日時を表示してくれればいいと思うだが、業者間のスピード競争や社内の時間管理が厳しくどうしても、実態に合わない無理な広告や虚偽報告が横行してしまうのだろう。


 こうやって考えていくと、配達待ちのイライラをなくすには本来は実在店に買いに行くのが一番いい方法なのだが、便利になった上海とはいえ、品揃えという点ではECサイトに全く敵わず、目的にあう商品を手に入れるにはインターネットで探す方がやはり圧倒的に有利なのである。


もっと中国生活を知りたい方は以下のバーコードを読み取ってウェチャット登録ください

上一条: 日本人駐在員も対象!上海市の(中国)外国人永住居留証とは?
下一条: 中国の銀行事情-銀行口座の開き方など
 
上海・深圳 收看日本电视/上海・深圳安装日本卫星电视