I - JPTV TV
中文版  |  日本語
上海 日本語衛星テレビ視聴サービス探
海外でも日本のテレビを視聴できるサー
ihome2より番組数といい機能とい
ダブル11(11.11)を迎えるキャ
上海 インターネットテレビを見る方法
上海や深センで日本の駐在員向けに日本
Q.インターネットをやってる時もI-
Q. 工事は必要ですか?
Q.新しいテレビに買い換える必要があ
Q.I-JPTVチューナ型のリモコン
Q.STBを操作しても何も反応しませ
Q.ADSLに加入していますが、時間
上海でもお花見が出来るところ-「上海
上海の駐在員と現地採用の違い(2)
上海の駐在員と現地採用の違い(1)
中国で小正月に白玉ゴマ団子「芝麻湯圓
『君の名は。』が中国でも大ヒット そ
楽器と服飾材料なら金陵東路
 
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
中国の生活へサポート  
上海生活に欠かせないローカルフード-小龍包「南翔饅頭店」

上海名物といえば小龍包であり、特に豫園にある「南翔饅頭店」はいつも行列が出来て大人気です。観光地なので地元に住んでいるとあまり行かないのですが、時々行くとやっぱりおいしいなあと思います。

 1階はテイクアウトのみで値段も安く1パックに黒酢にひたひたの小龍包が20個くらい入っています。皮は少々厚めです。豫園の池のほとりなどに座って食べると上海観光気分が味わえます。

 2階と3階には席があり、座って食べられます。価格も1階のテイクアウトより高めで、その分蟹味噌が追加されていたりすこし高級になっています。こっちはあまり並んでないので、余分にお金を払っても早く&ゆっくり座って食べたい人向きです。小さくて皮が薄めの普通の小龍包の他に巨大小龍包があり、ストローがささった状態で出てきます。中にたまった肉汁をストローで吸って味わう感じです。外側の皮は厚くて多いので内側だけ食べて残してしまう人が多いです。

 1階の肉厚タイプと2階の肉薄タイプどちらもそれぞれおいしいです。どうしても「南翔饅頭店」が混んでいた場合、他の上海料理店にも小龍包はありますし十分おいしいので後で他で食べてもいいと思います。

小龍包の正式な?食べ方ですが右手の箸で小龍包をつかみ黒酢としょうがの千切りを付け口に近づけます。左手に持ったレンゲを小龍包の下に添え、小龍包の端っこを少し噛み千切り中の汁のみ吸って食べます。(熱いかもしれないので要注意です。)そして残りの皮と具を一緒に食べます。


もっと中国生活を知りたい方は以下のバーコードを読み取ってウェチャット登録ください

上一条: 上海生活に欠かせないローカルフード-焼き小龍包
下一条: 中国で家を借りる方法(1)
 
上海・深圳 收看日本电视/上海・深圳安装日本卫星电视